<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ノーム7周年記念イベント

ノーム7周年記念イベント
10/3(金)
7周年アニバーサリーセッション大会
どなたも楽器もって気軽にご参加下さい。
20:00スタート

10/4(土)
功刀丈弘×赤澤淳ライブ
当店開店当初より、何かと大変お世話になっているフィドルラー功刀丈弘さんと、
ブズーキ奏者の赤澤淳さん、名手お二人によるライブ
20時開演(開場18:30)
チャージ 前売り(事前予約)2,000円/当日2,500円
予約連絡先:ノーム TEL 075-212-2101
          メール  gnomelive@yahoo.co.jp 
f0157586_23472412.jpg

10/5(日)

ニュージェネレーションライブ
19時開演
ノーチャージ
(出演) 
ももんが
AON
インターカレッジサークル One more paint
立命館大学 出前ちんどん
京都文教大学 民族音楽研究会

[PR]
by kyoto_gnome | 2014-09-27 23:49 | ライブのお知らせ

Pat O'Connor & Eoghan O'Sullivan 来日ツアー2014

Pat O'Connor &Eoghan O'Sullivan

来日ツアー2014
成熟のデュオ、再来日。アイルランド音楽の核に迫る。

10月26日(日)
START 19:00  チャージ:2,500円
予約/お問い合わせ:ノーム
emailアドレス  gnomelive@yahoo.co.jp
TEL075-212-2101
f0157586_20421750.jpg
パット・オコナー(Pat O’Connor)
 最も伝統音楽の盛んなアイルランド西部クレア州、エニスの町に生まれる。

幼少の頃より音楽に親しみ、ピアノアコーディオン、バンジョー、マンドリン、ブズーキなどの楽器をこなすうち、生涯の楽器となるフィドルに出会う。93年、母の故郷に近いクレア州フィークル村に移り住み、ここで多くの音楽家たちと衝撃的な出会いをする。
その後みるみる頭角を現し2000年には初のソロアルバムを発表、現在ではこの地域を代表するフィドル奏者の一人。
 驚くほどシンプルでありながら、クレア東部のゆったりとした演奏スタイルに忠実なパットのフィドル奏法には定評があり、特にその弓さばき(ボウイング)には天性のリズム感と歯切れの良さが映え、オリジナリティーのある音楽世界を作り上げている。
パブやステージで幅広い演奏活動をするかたわら、音楽フェスティバルなどでフィドルの講師を務める。また、エニスを中心にフィドルのレッスンを展開、カスティーズミュージックショップのスタッフとしても知られる。
 エニス音楽学校ウィーンキョール(Maoin Cheoil)フィドル部門講師。
リムリックヴァイオリン製作学校夜間コースに3年間在籍、コースを修了。現在フィドルの修理を手がけるフィドルのエキスパートでもある。

オーイン・オサリヴァン(Eoghan O'Sullivan)

アイルランド南西部コーク州、ミッチェルズタウン出身のアコーディオン、フルート奏者。フィドルを弾く父に習い6歳の頃よりアコーディオンを弾き始める。コークの音楽シーンにおいて一躍注目を浴びるようになり、現在ではコーク屈指のアコーディオン奏者。

 ジャッキー・デイリー、ジェリー・ハリントンらと共にアイルランド南部コーク~ケリーの音楽スタイルの継承者であり、これらの地域を中心に演奏活動を続けながら、アコーディオン講師としても数々のフェスティバルに迎えられている。
 天才的ともいえるリズム感に特徴のある演奏は、曲のスピードにかかわらず躍動感を失わない。
小学校教諭、校長を勤めたのち、現在は地元ミッチェルズタウンでさまざまな楽器を対象にしたレッスンを開催、地域に密着した音楽の普及に貢献している。


[PR]
by kyoto_gnome | 2014-09-20 21:07 | ライブのお知らせ